アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 宛「……なあ、聞いてくれ怜。最近可愛いって思う奴がいてな…」

    怜「そうか。鼻から本音がだだ漏れだぞ。失せろ。俺まで変態扱いされる。」

    宛「変態?……いや…あのさ……もし相手にキスーー…」

    怜「俺は太腿の裏なんてマニアックな部分にはつけない。」

    シーーーン…

    宛「……ちなみに…どこ?」

    怜「決まってんだろ…そりゃーー…」





    一方その頃の女子。


    女「宛くんと怜くんだ〜❤︎」

    女「カッコいい〜!本当に仲がいいわね〜」

    女「何話してんのかな〜?なんか盛り上がってるよ?」

    女「きっと私たちにはわからないような素敵なことを話してるのよー!」


    一方その頃の宛と怜。


    宛「そうか…いいなそれ。いつもより勃ちそうだ!」

    怜「だろ?あれは興奮する。」



    こうした女子たちの勘違いを経て、カイザーとゴミ箱はクラスで堂々とオナネタについて話せるのであった。

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

このイラストを通報する