アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 朝は天国、夜は地獄

    朝は天国、夜は地獄の表紙画像

    1824

    2752

    全394ページ(連載中)
    読了時間:約345分
    公開:16/06/01 19:04
    更新:18/11/19 22:53
  • 中学生の時から父親に性虐待を受けてきた優紀。
    朝~家に帰ってくるまで。これが優紀の至福の時間だった。
    しかしある時、父親に「もう学校に行かなくていいよ。」と言われる。
    日に日に暴力が激しくなっていってーー

    アンケート実施中です。ご協力、お願いします。+表紙募集中!想像でかまいませんので、どなたか描いて頂けませんか?
    Twitter始めました!
    時雨@B_love_00です。
    気軽に遊びに来てください!
    【注意】
    この物語には、暴力、エロ等々過激なものがあります。近親モノが苦手な方はお控え下さい。


    【登場人物】

    主人公:佐々倉 優紀 (ゆうき)(17歳)
    高校2年生。
    中学の時から父親に性虐待を受けている。下に弟が3人、妹が一人いる。
    弟、妹の面倒は全て優紀が見ている。
    家事全般をやっている。(何でもできる)


    佐竹 敦 (あつし) (17歳)
    高校2年生。
    優紀の幼馴染み。高校も優紀と同じで、中3の時から優紀のことが好きだと自覚する。
    家族構成は、父.母.姉の4人家族。優紀の弟達と仲が良く、毎日子守の手伝いをしている。


    佐々倉 真輝 (まき) (14歳)
    中学3年生。
    佐々倉家次男。何でもひとりでやるので1番手がかからない。優紀のことをいつでも一番に考えてくれる。
    でも、優紀が虐待を受けていることは知らない。
    家族みんな大好き。


    佐々倉 友希 (ゆき) (13歳)
    中学2年生。
    佐々倉家三男。名前通り、友達が多く、ヤンチャ。
    みんなから好かれていて、クラスのムードメーカー。家族みんな好きだが、最近優紀に反抗期。


    佐々倉 賢斗 (けんと) (12歳)
    中学1年生。
    佐々倉家四男。
    こちらも名前通り、賢い。
    勘が鋭く、幼いながらも優紀が虐待されているのを見破った。
    それをきに、父親が嫌いに。だが、顔に出さない。ハイスペックの持ち主。


    佐々倉 菜木早 (なぎさ) (11歳)
    小学6年生。
    佐々倉家唯一の女の子。
    家族大好き。特に優紀が好き。友希に負けないくらいヤンチャ。
    天才気質で、頭もよければスポーツもできる。ついでにスタイルも良く、男女隔てなく好かれる。


    佐々倉 貴明 (たかあき) (43歳)
    佐々倉家の大黒柱。40代とは思えないほど若く見える。イケメン。
    菜木早が産まれてすぐに妻を亡くした。その頃から性格が歪んでいった。

    追記 ネタバレ含みます。ご注意ください

    四ノ宮 裕二 (ゆうじ) (27歳)
    優紀が監禁されていた時、出会う。
    DV気質だったが、今ではそれはなくなり、家族のためならなんでもするいい父親であり、愛妻家。
    今は亡き両親から受け継いだ病院の医院長。


    四ノ宮 明 (あかり) (4歳)
    優紀と裕二の息子。
    実際には優紀と貴明の息子だが、裕二の性格に少し似ており、顔も優紀と裕二を足して2で割った感じ。
    母親思いで幼稚園児とは思えない程頭がいい。気配りができる。

コメント

  • 雨月 時雨のプロフ画像
    18/11/20 20:04
    >>花町 シュガー こちらこそありがとうございました!!
    俺もほんっっっとうに楽しかったです!!初めてのコラボが花町さんでよかった……本当によかったです。
    こちらこそ、Twitterでもまたよろしくお願いします。お世話になりました!
  • 花町 シュガーのプロフ画像
    18/11/20 16:10
    時雨さん!コラボ有難うございました٩(ˊᗜˋ*)و
    楽しかった…ただただ楽しかった……!!
    初めてのコラボが時雨さんで良かったなぁと思います。たくさんのやりとり本当に幸せでした。
    引き続きお付き合い頂けると幸いです!またTwitterでもよろしくお願いします♪
  • 雨月 時雨のプロフ画像
    18/09/03 20:51
    >>楓 ありがとうございます!
    これからは自己管理を徹底して更新続けていきたいと思っています!!
    これからも応援よろしくお願いします。
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する