アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 生に絶望し、選ぶはずだった死への道。

    「捨てるんなら、寄越せ」

    踏み出した1歩は、天国への扉か、地獄への入り口か。

    「おまえの全てが俺のものだ」

    妖しく光る瞳に魅入られ、選んだそこは。


    この人、どSだ…。


    意地悪な男と貧乏少年の運命が交わる。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    誤字、脱字等、気づき次第修正します。
    見落とし、お気付きの点ありましたらお知らせください。

    R18ご注意下さい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    イラスト、コメント喜びます!
    お好きに描いてやって下さい。

    タグ付けありがとうございます。
    ご自由におつけ下さい。


    【表紙:白夜様】
    素敵な2人をありがとうございます☆

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

  • 零桜のプロフ画像
    19/06/25 22:58
    おぉっ!ついに、この日が…!火宮さんのお仕置の時が来ましたっ!今度はどんなおしおきになるのやら楽しみです˙꒳​˙)♡
  • 蜻蛉のプロフ画像
    19/06/24 21:27
    >>零桜 零桜様
    始まりました♡ けれども理性の人(笑)
    トップ3揃い踏みの並び、楽しんでいただけたら幸いです^ ^
    3人とも好きだなんて嬉しいです♡ ぜひ堪能して下さい(笑)
  • 蜻蛉のプロフ画像
    19/06/24 21:25
    >>@nz @nz様
    ふふ、私もこの並び、実は好きです♡ 堪能していただけましたかね^ ^
    そしてここからは嫉妬のお仕置き♡ でもまだ真鍋の登場は後1話続きますが^ ^ 火宮には重いですね〜、こちらの方が(笑)もう本当、何もかもご理解いただけていて、ゾクゾクしました^ ^ この先のお仕置きは※!焦らした分、濃厚にいっちゃいます♡←
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する