アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 小さい頃から、自分の寿命だけは何故か知っていた。

    段々とその年になるにつれて、思い出とほんの少しの諦めが積もっていく。

    大切な人と子供を残していくことを申し訳なく思う中、昔出会った神様に再会する。


    *補足
    この話には男性妊娠の描写があります。

    作中には現代の医学を元にした架空の言葉がで出来ます。

    再生細胞→個人と同一のDNA情報を持つことができる細胞。移植などの問題が極めて少ない。

    作中には弓道の用語がで出来ます。

    弓道では弦切れが、矢つがえの位置で起こり且つ放った矢が的の中心に当たっていると、その切れた弦でわらじを編むと安産お守りになると言われています。

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する