アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 心のボール

    心のボールの表紙画像

    58

    17

    全253ページ(連載中)
    読了時間:約305分
    公開:18/07/21 21:53
    更新:18/12/20 15:10
  • 好きって素直にいえたらいいのに。。

    性的描写のページには※が付いてます。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    天然×クール

    ドS後輩×ドM先輩

    わがまま後輩×お節介先輩

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    登場人物

    高藤 怜也
    タカトウレイヤ

    内気でコミュ障。
    ノンケだったが中学の時の部活の先輩に無理やりされてから男の人と付き合うようになる。
    須磨絢人のことが好きだがうまく会話もできずにいる。
    幼い頃からバスケをやっていて綺麗な筋肉が付いている。ボールハンドリングがうまい。

    2年
    164センチ
    54キロ
    ガード
    副部長

    須磨絢人
    スマアヤト

    明るく誰とでも仲良くなれる。天然。
    高身長でバスケのセンスがあり支部選抜のメンバーでもある。
    その容姿と性格から彼女が途絶えることないいモテ男。
    怜也のことはいつも仕事を手伝ってくれる副部長として気に入っている。

    2年
    188センチ
    75キロ
    センター
    部長

    中澤玲介
    ナカザワリョウスケ

    怜也の幼馴染で、親同士もとても仲がいい。
    唯一過去の先輩とのことを知っている。
    怜也のことを気にかけているものの自分がゲイだとは気づいていない。彼女持ち。
    純粋に怜也の気持ちを応援しようとしている。

    2年
    186センチ
    69キロ
    センター

    多賀瀬 智裕
    タガセトモヒロ

    チームのエースでバイセクシュアル。
    容姿端麗で人たらし。男女ともに好かれ学校でもバイセクシュアルだということを隠していない。
    クラスのみんなも彼のジェンダーについては公認済み。
    今は部活の後輩の彼氏がいる。

    2年
    176センチ
    60キロ
    ガード

    喜代波 晃
    キヨナミコウ

    多賀瀬の彼氏で犬のような性格。
    多賀瀬のためならなんでもできるといいパシリのように扱われつつも昼も夜もスタミナだけは切れない。
    普段は優しいがセックスの時には違った一面を見せる。

    一年
    176センチ
    62キロ
    ガード

    佐野えみ

    マネージャーで怜也の恋の悩みをよく聞くがゲイだとは聞いていないが察している。
    姐御肌で面倒見のいい性格。
    思ったことはしっかりいう。

    二年
    154センチ
    48キロ
    マネージャー


    渡部 陽太
    ワタベヨウタ

    チームメイトの一人でしっかり者を演じている。
    性に敏感で女の子を毎日食って漁る。
    まだ男の経験はない。まだ、、、、、。

    二年
    170センチ
    62キロ
    ガード
    副部長


    小滝 良太

    晃とおんなじ学年のチームメイトで通称チビ。
    周りをよく見ていて冷静沈着だが、普段は柔らかい雰囲気でまだ誰も良太の冷静なところには気づいていない。

    一年
    160センチ
    56キロガード

    小柱 大輝

    生粋の女好きだが、むっつりで手は出せない。
    常に彼女募集中で、チャラい。
    せいのちしきだけは人一倍ある。実践はできない

    一年
    175センチ
    59キロ
    センター

    神城 雪

    中澤の彼女で腐女子
    マネージャーの佐野から日頃の話を聞いて毎日たくさん妄想をして過ごしている。
    怜也にいろんなせい的知識を教えて絢人に意地悪しようとしている。

    奥本 輝樹
    オクモトテルキ

    大学二年生の先輩で、何かと陽太の世話をやきたがる。
    根が優しくお願いされると断れない性格。
    性にこれでもかというほど疎く知識は中学生ほどしかない。

    大学二年生
    173センチ
    60キロ
    スリーポイントシューター



    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    増えたらまた足していきます!





PR

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する