アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 俺は藍木 青龍。 ごくごく普通の高校一年生!
    _に、なるハズだった。
    あいつのせいで、狂っちまって……

    「青龍は俺のモノだろ?口答えすんじゃねえよ」
    すごく、自分勝手で俺様で。

    「…今だけでいい。俺を置いて行かないで…」
    時々、妙に寂しがり屋で。

    「青龍、愛してる。何があってもお前を守るから」
    泣きたくなるくらい、優しい。


    これは、不思議な恋の物語。
    疲れたら、苦しくなったら。
    ここへ来て?
    きっと、あなたにとって幸せな何かが
    見つかるハズだから。

    さあ、始めよう。


    _藍と青は、交わらないって?
    そんなの、誰が決めたんだ_。

    ――――――――――――――――――――――――――――――
    ♡不定期更新(週1〜2くらい?)
    ☆素人投稿です。暖かい目で見て下さい……。
    ☆疑問点、修正点などありましたらコメントまで
    ☆お気に入り、いいね、しおり、ありがとうございます!とても励みにさせてもらっています!

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する