アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 諸事情により、此方のサイトでの連載をやめることに致しました。今まで有り難う御座いました。6月頃にアカウントも削除する予定です。

    * * * * * *

    R-18/シリアス/年下攻め/年上受け/束縛/虐待/無理矢理/高校生/ホームレス/主従関係/スピンオフ/溺愛/etc.

    (「あべらちお」にて登場する愛弥の両親のストーリー。愛弥を引き取る前の親父と父ちゃんのお話です)

    【傲慢少年×幸薄青年】

    極道一家の次男坊として生まれた萌 幸在(キザシ ユキアリ)は、両親を上手い具合にだまくらかして中学卒業と共に一人暮らしを始め三年が経とうとしていた。桜が咲き始めた暖かさと寒さが交互にやって来る三月も終わりのことだった。

    歩道橋の手摺りに乗っかり、今にも身を投げ出そうとしている若い男と遭遇し、無意識に助けていた。拾ったものは全て自分のものだという主義の幸在は、明らかに浮浪者の形をした男を連れ帰り、飼うことに勝手に決め行動に移していた。
    ホームレスらしき男、無平 幸(ムヒラ サチ)を風呂に入れ食事を与え、身形を整えさせるも、身体中に根性焼きや傷痕、火傷痕を持つ彼は、死にたいと泣き縋る一方だった。面倒になった幸在は、自分の中での決定事項を漸く青年にと告げ、飼われる以外に道はないのだと幸を追い詰めるのだった。

    その日から、死にたがる幸薄い青年と、彼を束縛し飼い慣らす傲慢で俺様なあざとい少年との生活が幕を開けた――。

    本名も知らない、年齢もわからない、虐待を受けて育った様子の幸を、ゆっくりと少しづつ飼い慣らしていく幸在と、他人の優しさも温もりも世間のことも何も知らない幸のお話。


    「幸せにしてやるから、お前のその命、俺に預けろ。お前が捨てる命を俺が拾ってやるんだ。今この瞬間からサチは俺の犬だ。精一杯傅けよ」

    「こんな汚いオレなんか、何の為に傍に置こうと言うんです? オレは死にたいんよ。死なせて下さい。お願いやから、オレに構わんといて」


    *不定期更新。
    性的描写があります故、高校生含む18歳未満の方は、自己責任に於いて判断をお願い致します。
    当方では、如何なる不利益を被られましても責任が取れませんので、予めご理解下さいませ。
    タイトル横に*印がある頁は性的描写を含みますので、お気を付け下さい。
    此方の作品は、作者の妄想によるフィクションであり、実際のものとは一切の関係も御座いません。
    また、作者は専門家ではありませんので、間違った解釈等あるかと思います。
    「あべらちお」に登場する愛弥の両親のスピンオフとなります。
    苦手な方は読まれないことをオススメ致します。
    以上のことご理解頂けたらと思います。

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する