アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • これは、一つの禁断の魔術を巡る物語。
    『おや、ここにいたのかい。…お前にしては珍しいじゃないか。まだ部屋で寝こけているとばかり思っていたよ。』
    自由気ままの魔術師・穂村柏(ホムラ ハク)。

    『何でそうあなたは、四六時中ノンキなんですか。』

    しっかり者の相棒・水方光一(ミナカタ コウイチ)。

    『昨日の夜は、よがりまくっていたが、身体は大丈夫か??』
    『…何が“身体は大丈夫か??”だ。あんな無理強いさせといて、どの口が…。』

    二人の魔術師が、現代を舞台に暴れ回る…??

    『行くぞ、水方。』
    『…本当に一発で沈めなかったら、次の食事代はあんたの自腹に決定だ。』
    『了解。』


    現代ファンタジーBLものです。
    読み切り。若干の、背後注意。説明文多し。
    桃色成分多めなので、制限つけています。

    『俺を煽っているようにしか聞こえないな…。』


    _

この小説の著者が執筆した他の作品

この小説を通報する