アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
        
  • 概要

    小学五年生の夏。
    記念すべき、初めての相手は父親だった。

    ―ああ、僕はなんて可哀想なんだ―

    子供ながらに僕は自分に同情した。

    (ゆるゆる更新)

この小説の著者が執筆した他の作品

この小説を通報する