アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    完結
  • 概要

    世紀末2000年。
    第三次世界大戦後の平和な世界は、差別的な暗黒の時代だった。
    核による遺伝子の変異によるΩ属性とα属性は、国に管理される存在だった。

    16歳になった全国民に、一斉検査による属性検査。

    その属性検査でΩ属性、α属性と判明した種別は、一様に国家公務員として任命される。
    Ω属性は、α属性を産みやすい。
    このため、Ωは産院へと強制的に収容された。
    αは、公務員として給与を貰いながら、様々なことを勉強し、習得していく。
    いずれ、国の要としてリーダーシップを取るための英才教育を受けていた。
    そして、αのもう一つの仕事は、発情したΩに精液を提供することだった。

    世紀末オメガバース。
    番(つがい)という考えのなかった世界に、真矢(まや)は生まれた。

    ※コンテスト応募作品です
    ※画像はPixtabay様より頂戴いたしました。

コメント

  • はるのプロフ画像
    2020/08/04 06:38
    >> 裕 李(留守にしています ああ〜!わかります!
    だって、Ωが可哀想な世界ですもんね。
    超絶苦手な暗い世界を、のたうちながら書きました(笑)
    こっちが終わったので、ようやく本編に集中出来ます。
    さあ、本編は宇奈月温泉駅に到着目前です!
    ガタンゴトン、ガタンゴトン♪
  • >>はる 続きが現在って想像し易いです。
    晃さんの並々ならぬ努力の賜物だけど、
    ふたりだったからこそ築けた(頑張れた)今!
    20年経ってもラブラブで、はい。スマホでやりとりしてそうです。
    実はオメガバース苦手だったんですが、最近では幸せなΩが増えてるみたいで嬉しい。
  • はるのプロフ画像
    2020/08/04 05:45
    >> 裕 李(留守にしています そうなんです。
    責任重大!あえて過去の2000年で設定したのは、幸せな未来を身近に感じて欲しかったという思いがあります。
    文字数の絡みで2000年の携帯電話事情は削りましたが、現実社会と重ねることで、晃と真矢のふたりの生活臭が出てくるんじゃないかと(笑)
    ふたりもきっとスマホを使ってて、『今から帰るね〜!』『駅まで迎えに行くよ。』なぁんてやりとりしてそうじゃないですか?
    そんな未来(今)の、ふたりだったりします。
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する