アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    完結
  • 概要

    ろくでなしの父親+若く傲慢な息子×火遊び好きな父親の同級生

    Loversと言うよりRobbers的な。
    秋の熱海。塾講師の譲治は、旅先で偶然再会した同級生の達夫と束の間の怠惰な関係に耽っていた。ある朝、彼は達夫に頼まれ、高校生の息子、彰を駅まで迎えに行かされる。親子の複雑で微妙なやり取りに当て付けられた譲治は、どうにも落ち着かなくなり……

    コンテスト参加作品になります。
    性描写ございますのでご注意下さい。

コメント

  • 須江のプロフ画像
    2020/11/09 09:25
    >>羽生橋はせお 羽生橋さん!いつもこんなに丁寧に読み込んで下さり本当に有り難うございます!
    三角関係ってパワーバランスが本当に難しいですよね。キャラクターそれぞれの個性を差別化しつつ、どれだけ魅力的に描けるかが肝だとは理解しているのですが、そうなると必然的に文字数が増え説明ばかりになるしで…この文字数での塩梅は難しいとつくづく実感しました。
    悩みながらの執筆だったので、少しでも魅力的に描けていたのなら、とても嬉しいです。
    実は初稿だと、もっと無意識下の近親相姦の気が強い話だったのですが、紙幅の都合上親子闘争の話に切り替えたのですが、モラル的にもこちらにして良かったと個人的には思っています。
    その結果、彰のキャラが少し純粋になったのですが、この親子が直感で悪徳を重ねるのに対し、譲治は頭で考えて破滅へ飛び込むと言う(今作で最も精神が荒廃しているのは譲治だと思います)差異も読み取って下さり、笑顔が堪えきれません。
  • 羽生橋はせおのプロフ画像
    2020/11/08 01:14
    大人の遊びというには危うさが勝るシチュエーションにどきどきしながら読みました!
    三角関係って3人の人物像やパワーバランスが醍醐味の一つですよね。皆一筋縄ではいかない複雑さがあって素敵でした。
    達夫は譲治と体を重ねることになったきっかけと理由に比して執着が強烈ですし、譲治はあたりが柔らかくて振り回されっ放しかと思いきや好奇心で彰を引きずりこむしで…!
    駆け引きなどまだ出来ない彰の存在によって、気怠い割り切った関係が変容していくのが鮮やかで色っぽかったです …
    タイトルも納得というか、その関係が終着点ではないというのがこれ以上ないくらいハマっていてわあ…もう…須江さんはなぜこんなにピッタリすぎるタイトルをつけられるのでしょう…
    3Pって流石に今は聞き慣れないシチュエーションではなくなってきたと思いますが、実際に描写するとなると高度なものを要求されるんですね…
    この文字数で3人のキャラ立ちと関係性を描写する難しさを痛感していたので無駄のない見事なお点前で最高です…!!

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する