アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • R18
                        
  • 1111話達成♡もうすぐお気に入り2000です。いつもありがとうございます。読んで下さる方の心を揺さぶるような物語を書きたくて……切なさと甘さが揺らぐドラマチック大河BL目指して日々連載中です。

    美しく儚げな青年と突然会社の手違いで同居することになった。彼を知る度に少しずつ解き明かされるのは、二人が出会った本当の理由だった。

    現在、第一部完結→第二部連載中!


    ◆甘く切ない月明りのような恋物語◆
    但し輪廻転生&トリップ・R18・無理矢理を含みます◆苦手な方は閲覧ご注意下さい。
    ◆ご注意とお願い◆
    凌辱の描写があります。すべての出来事に未来へ繋がる意味があり、主人公がどん底から浮上していくお話を真剣に書いています。どうかご理解くださいませ。

    【お知らせ】
    『重なる月』本編は無事に本編第一部が完結しました。全587話、1年10カ月の連載。長らくの御愛読ありがとうございます。2017年9月25日~完結後の甘い話を連載しています。本編が始終切なかったので、たわいない日常を甘く描きたくなりました。2018年2月11日~改めまして第2部としてスタートしました。

    【月を巡る四重奏】

    『悲しい月』      医官×近衛隊長の王宮歴史物語
    『月夜の湖』      中将×帝の皇子の平安王朝絵巻物語 
    『夕凪の空 京の香り』 大正時代の絵師と若旦那の物語

    【その他関連小説】

    『深海』重なる月登場の二人のスピンオフ
    『忍ぶれど…』重なる月の攻め・丈の二人の兄の物語

    ◆『月を巡る四重奏』シリーズ・おすすめの読み方◆

    このお話しは、4本のお話し+サイドストーリーが絡み合っているので、途中から読んでくださる方には大変複雑になってしまっているようです。そこで私なりのオススメの順番を考えてみましたので、参考に。『深海』と『夕凪』と『忍ぶれど…』は、ほぼ単体でも楽しめると思います。

    1『重なる月』1-179話まで
    2『悲しい月』1-57話まで
    3『月夜の湖』1-46話まで
    4『重なる月』180話邂逅~220話まで 

    ※ここで一旦3つのお話がまとまります※

    5『悲しい月』58話以降
    6『月夜の湖』47話以降
    7『重なる月』221話~349話
    8『深海』は『重なる月』267話以降に読むと分かりやすいです。
    9『重なる月』350話以降~
    10『夕凪の空、京の香り』は『重なる月』448話以降に読むと分かりやすいです。

    もしくは、『重なる月』の前に『悲しい月』と『月夜の湖』を読んでから、『重なる月』を読むというのも良いようです。

    三部作として『月夜の湖』と『悲しい月』と繋がるよう表紙を変更させていただきました。
    きよさく(鬼夜咲)様の作品です。月のように重なる、丈と洋の見つめ合う表情が素晴らしかったです。大切にさせていただきます。

    アルファポリスさんにて【挿絵付きの完全改訂版】として加筆&転載中です。よかったら遊びにいらして下さい♡
    www.alphapolis.co.jp/novel/...

    歴代の表紙(海自作、ハル様作)、月影寺の間取り図(honolulu様作)はイラストに置いています。いつもアクセス・イイネ・コメントありがとうございます。更新の大いなる励みになっています。

    志生帆 海(しいほ うみ)より

コメント

  • 志生帆  海のプロフ画像
    19/04/23 19:07
    >>ぴょんきち ぴょんきちさんにそう言ってもらえてよかったです。私も今日は滅茶苦茶感情移入してしまいました。

    拓人と達哉いい親子になれそうですよね♡
    これからそんな光景を描くのも楽しみです。


  • ぴょんきちのプロフ画像
    19/04/23 18:57
    海さ~ん。私も泣いて見ました。年甲斐もなく。メチャクチャ嬉し涙です。今日は言葉に出来ないくらい嬉しいです。
  • 志生帆  海のプロフ画像
    19/04/22 21:13
    >>ぴょんきち ぴょんきちさん~お得だしぜひぜひ。
    私もまた行きたいです~♡
    ビーチバレーですね!拓人くんも呼ばないとですよね♡彼にも幸せになって欲しい。大人に振り回されてしまったから……

    そして丈は出番ですよね!
    今宵も洋を埋めて欲しい♡

    今日は重なる月の初期の頃を読み返しながら書きました。懐かしかったです!
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する