アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 平安時代…帝の美しい息子「洋月の君(ようげつのきみ)」は、華やかな女性との遍歴の中に隠された、帝との秘密を抱えていた。そんな暗い世界で出会ったのは、一人の貴公子「丈の中将」(じょうのちゅうじょう)だった。

    有名な平安物語のエッセンスをお借りして、別連載している『重なる月』『悲しい月』につながるお話しを書いていきます。

    麗しい表紙は鬼夜咲さま(きよさく様@_Kiyosaku )‬に描いていただきました。

この小説の読者が読んでいる他の作品

PR

コメント

  • 志生帆  海のプロフ画像
    17/07/09 22:54
    >>honolulu ホノちゃんこんばんは!

    七夕のお話しは以前のリメイクみたいなお話になったけれども、
    一応、今後の重なる月につなげたくて加筆しました(〃▽〃)

    続きも…がんばってみようかな♪

    この一つ前の梅の話読んだら
    なんかずいぶんエロ書き込んでましたね。寒い冬だから温め合いたかったのかも!!

    コメントをどうもありがとう♪
  • honoluluのプロフ画像
    17/07/09 10:00
    seaちゃんおはようございます。
    やっとこさこちらの七夕お話が読めました~
    その以前の3月のすのおちゃんのコメント再び読んで、悶えちゃいますね〜朝から激しく愛し合うという大変な萌えで、喉がなります。w
    そして、洋の君は、鎌倉に現れてくれるのかしら?
    加筆ということは…ムフフ

  • 志生帆  海のプロフ画像
    17/03/21 15:11
    >>すのお すのおちゃん
    読んでくださってありがとうーーー!!!

    今日の月夜はとびっきり濃厚な夜を書きたくて
    3連休にゆっくり書いていたものをUPしたの。

    平安時代の雅なラブも書いていてとても萌萌えします♪

    和歌がまた良いでしょ。
    見つけた時うっとりしちゃった。エロイ和歌よねーこれ♪

    風呂殿で愛し合う二人の蒸気に包まれた躰…
    桃源郷のようだったはず(〃▽〃)ポッ

    梅の香りもなんだかエロイなぁ~っと思ったの。

    梅をテーマに現代・平安・王朝ものと3部作で書けて
    楽しかったです。

    すのおちゃんにも堪能していただけてうれしかったわ。
    幸せを祈ってくれてありがとう。
    コメントもとても嬉しい内容でした♪


  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する