アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
  • ファン作品募集コメント

    ご自由にどうぞ!作品へのコメント含め三拝九拝で拝見しております。今年こそ更新頑張る。
  • 概要

    10月は諸事情で不定期更新です
    ●情緒不安定の元不良が先生になんやかんやでほだされる話です。治安悪め。特に新章では暴力表現多分多いです。お気をつけください。
    ●Twitterはこちらです。良ければ仲良くしてくださいまし。
    →臨太。/@rinta_wolf
    ●boothにてぜろしゅコピー本(約44,000文字60ページ(電子書籍は81ページ)しゅうちゃんが酔って零にちゅっちゅする話です。)やらなんやら受注生産で販売しております。
    ●イラスト、コメントありがとうございます。床に額を擦りつけながら拝読、拝見しております。
    ●タグ付けもありがとうございます。ご自由にどうぞ!

    ――

    記憶の風化ほど恐ろしいものはない。なぜなら抗う術がないからだ。まず、声から人は忘れていくという。慕っていた人の、自身を名を呼ぶ声すら人は忘れていく。とても、とても悲しい生き物だ。
    記憶ほど不確かなものはない。こうしている間にも風化は進む。なのに何故それが絶対的なものと信じられる?それが本当に自分の記憶かどうかも今となっては危ういと言うのに。何故、その曖昧な記憶を頼りにして突き進められる?

    ――俺が思うにその答えは『繋がり』だ。まだ鮮明だった頃の記憶を信じて歩んできた『形跡』を俺らは信じて足を止めない。それこそが曖昧な記憶が真である唯一の証拠だからだ。
    もしその『信じた』ものが最初から事実と反していたのなら。俺らは時を経てそれが違っていたかもしれないと振り返る術を失っている。
    だから『繋がり』に依存する俺らにとって『記憶』ほど恐ろしいものはない。

    ……さて。あんたの記憶は全部『事実と合っている』と言い切れる?その答えは…………神のみぞ知る、って奴だな。


    (少年Aの日記から一部抜粋)

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

  • ファイヤーのプロフ画像
    2021/10/01 11:34
    アカネ。無事だったんだね。いや痛みを感じないからそうだけど、重傷ですよねぇ。
    いや~お兄様お姉様方、静かに怒ってますね。30人のお説教って1日じゃ終わらないね。やだぁ(/≧◇≦\)アカネ~頑張ってね~。ん?それとも知らない人から言われても何も感じないとか( ・д・)あり得そうで大変ね。
  • 魔楝のプロフ画像
    2021/09/28 15:02
    >>臨太(りんた) わぁい待ってまーす笑。
    確かに思わないですよね…零さんあんな人だと思わないよね…笑。
    えっ大丈夫です!!北斗パパちょっとでも出てくれて嬉しい!!
    日々の余裕なくてやっと読みに来れたんですけどドキドキハラハラしつつ茜ちゃんんんん!って叫んだりしながら読んで落ち着きそうでホッとしてます!!愁ちゃんの猫扱いに笑いましたね、猫吸いされてて笑った好き。
    ほのぼの日常もう少しかなー!ワクワク!
    34000❤︎おめでとうございます!!私のせいでピッタリじゃなくなったけど笑。すごい…!
  • 臨太(りんた)のプロフ画像
    2021/09/24 23:22
    >>ファイヤー 愁ちゃんを琉生は多分猫みたいなもんだと思ってる……そのうち猫パンチが炸裂します。きっと(笑)
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する