アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • 運命に二番が存在するか

    運命に二番が存在するかの表紙画像

    220

    137

    全56ページ(連載中)
    読了時間:約98分
    公開:17/07/17 19:06
    更新:19/04/15 21:04
  • この世には第二の性が存在する。俺の性は「オメガ」。劣等種だった。
    だが、同時に告げられるはずの運命の相手は、既にこの世からいなかった――――。

    オメガバースものです。
    オメガバースでよくある「運命の相手」が故人であったらどうなるのかと思って書き始めました。
    エロは苦手ですが、頑張っていきたいと思います。完全オリジナルです。

    ここ最近、仕事が忙しくてほとんど更新できていません。
    基本夜型更新(土日は昼間の可能性もあり)の予定です。

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

非会員の方はコメント投稿出来ません

この小説を通報する