アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
  • 概要

    「どうせ死ぬなら、あんたに殺されたい」

    目一杯の力で笑って言うと、あんたは泣きそうになった。
    世界一ダサい顔で。

    ___

    毎週1,2回更新予定。
    他サイトにも公開中。
    ※物語は全てフィクションです。

この小説の著者が執筆した他の作品

コメント

  • 春マキのプロフ画像
    2020/10/04 21:45
    >>羽生橋はせお いえいえ、羽生橋はせお様のご意見とてもありがたいですよ(^-^)

    私もまだまだ未熟な社会人4年目程度の者ですし、医療経験で言えば無いに等しいです。
    麻酔の部位の曖昧さはたしかにこちらのミスというか、正直書き方についてはあまり深く考えていませんでした。
    それは失礼しました、訂正しておきます(_ _)

    決して批判的な意見ではないので、今後の創作にありがたく使わせていただきます。
  • 羽生橋はせおのプロフ画像
    2020/10/04 20:13
    >>春マキ ごめんなさい、あえてだったのですね
    私も医療職として働いていたのでつい気になってしまって…差し出がましいことを失礼いたしました。
    >ちなみに額までとは記載しておりません
    書き方が悪くて失礼しました、
    処置すべき傷が肩と額と両方あり、どちらを処置するのか曖昧な書き方だったのであのように書いてしまいました。
    間違っているからダメと言いたい訳ではなくて、単に春マキ様の創作の一助になれればという思いからでした。
    理由はどうあれ、余計な口出しになってしまい申し訳ないです。
  • 春マキのプロフ画像
    2020/10/04 17:53
    >>羽生橋はせお ご指摘ありがとうございます。
    その点に関しては多分気にされる方もいるだろうなとは思ったのですが、現実世界とは違うものを書きたかったのでこうしました。

    ご意見はとてもありがたいです。
    ただ、全ての描写をリアルに書くわけではないのでそこは空想ものとして目をつぶっていただきたいです。

    ちなみに額までとは記載しておりません。
    私もほんの少しではありますが医療の仕事に携わっておりましたので、なるべく詳しくお調べして書こうとは思っています。

    指摘があるだろうと予感はしておりました。
    コメントありがとうございます(_ _)
  • もっと読む

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する