アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • 野狐と大正妖奇譚

    野狐と大正妖奇譚の表紙画像

    2

    0

    全14ページ
    読了時間:約122分
    公開:2021/06/13 22:05
    更新:2024/06/27 21:30
    ページ更新:2022/02/21 11:53
  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
               
         
         
  • ファン作品募集コメント

    朝食漢三→→→→→→→→→→→→→→→→→篠崎宗旦

    この図式が変わらなければ何をしても良いです。
    ただし朝食漢三は必ず篠崎宗旦の事を溺愛していてください。
    リバはありです。
    エロ、グロ、しネタもOKです。
  • 概要

    愛し尽くして足りなくて。
    埋めて欲しくて求め合う。
    幾度交われど、確かなのは切なさだけ。



    時は大正。長髪狐目、ピアスに片眼鏡、口元のほくろと、頬に刺青。そんな青年「篠崎宗旦(しのざきそうたん)」の正体は、何でも屋の化け狐。話してみるとお茶目で素直な彼の一番の友人は、お茶飲み友達の送り狼「朝食漢三(あさばみかんぞう)」。楽しい日常の中、ある日篠崎の処女が知らない男に奪われ、それを相談された漢三だったが彼は篠崎に片想いしていて…

    化け狐の何でも屋「篠崎宗旦」が野狐から九尾へ、そして神格化するまでのお話。

この作品のレビュー

    まだレビューが投稿されていません

この小説を通報する