アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • 愛を知らない操り人形と、嘘つきな神様。

    愛を知らない操り人形と、嘘つきな神様。の表紙画像

    32

    11

    全27ページ
    読了時間:約138分
    公開:2022/11/19 13:17
    更新:2023/02/03 08:31
  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
  • ファン作品募集コメント

    表紙イラスト募集中です、よろしくお願いします!
  • 概要

    虐待されてる俺を助けてくれたのは、
    学年中でチャラいと噂されてる奴だった。


    神様なんていないから、俺はどうせ助からない。

    どうせ誰も、俺を助けてくれない。


    どうせ俺はいつか父親に殺される羽目になる。

    そう思って生きてきたのに、突然手をさしのべられた。

    助けられた。

    学年中でチャラいと噂されている
    行動が読めない同級生に。

    井島海里(イジマカイリ)
    十歳の頃から父親から虐待をうけて育ったため、
    自分の意思を抑え込むくせがある。
    ×
    阿古羅零次(アコラレイジ)
    海浬と同じ高校に通う、学年中でチャラいと
    噂されている女好き?の同級生。

    神様なんて居ないと思ってた。本当に、神様はいなかった。でも阿古羅は俺にとって、神様みたいな人だった。
    なんでも笑って俺のためにしてくれる、
    神様みたいに優しいやつだった。

    俺はそんな阿古羅に出会えて、本当に嬉しかった。

    阿古羅とずっと一緒にいたいと思った。

    たとえお前が、どんな事情を抱えていようとも。

    小説投稿サイト、ベリーズカフェにてジャンル別2位を獲得したBLミステリー小説です。
    よろしくお願いします。

この作品のレビュー

    まだレビューが投稿されていません

この小説の著者が執筆した他の作品

この小説を通報する