アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • その花が咲くころに

    その花が咲くころにの表紙画像

    5

    3

    全5ページ
    読了時間:約9分
    公開:2024/03/27 00:08
    更新:2024/04/01 10:55
  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    連載中
  • 概要

    植物や蟲、獣と交わり、絶滅の危機を逃れてきた人類の世界———。

    “月下美人”の先祖返りである霧乃円(きりのまどか・16)は、学校内での密かな人気者。花の種族である彼は、蟲や獣に花粉を運んで貰えないと種が絶えてしまうため、三ヶ月に一度、それらを惹きつけるフェロモンを発する。

    そのフェロモンを、後輩である埃沢大飛(あいざわやまと・15)に嗅がれてしまい、自身の種族元を知られてしまう。標的にされてしまった円は、それから大飛の“栄養源”にされてしまい———……


    ◇◆◇◆◇

    「……美味いよね、ほんと好き」
    「だから……やめろってば、」

    ◇◆◇◆◇


    花の種族の主人公が、自身を求める他種族の人間と出会い愛を求めてしまう話_____。


この作品のレビュー

    まだレビューが投稿されていません

この小説のファンボイス

    ファンボイスはまだありません

    ファンボイスの投稿は許可されていません

この小説の作者が投稿した他の小説

この小説を通報する