アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • 海より深い愛を貴方へ〜瞳の輝きは新鮮な証〜 (2)

    海より深い愛を貴方へ〜瞳の輝きは新鮮な証〜の表紙画像

    13

    81

    全7ページ
    読了時間:約14分
    公開:2024/06/17 21:46
    更新:2024/07/18 07:17
    ページ更新:2024/06/22 21:00
  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    完結
  • 概要

    昨日まで仲間と一緒にすくすくと育っていたのに、気が付けば新しい場所に連れて来られていた
    目の前にいる白い服を着た人間に、目が綺麗だと褒めて貰えたことを切っ掛けに恋に落ちる
    でも、僕と彼には目に見えない壁と種族という分厚い壁で隔てられている
    性別を乗り越えるどころか、種族を乗り越えた究極の純愛?です
  • 作品タイプ

この作品のレビュー

  • 檸檬
    2024/07/15 01:14

    海より深い愛を貴方へ〜瞳の輝きは新鮮な証〜のレビュー

    ※このレビューはネタバレを含んでいます


    斬新な視点で、なかなか見ないお話。
    僕がいる場所が何処で、僕がどういう者なのかに気づくと、話が進むに連れどんどん切なくなって、胸がキュウキュウ締め付けられます。

    彼の中に受け止められて、ある意味では幸せな最期。
    最後に想った願いが叶ったと分かった時、良かったね、とじーんとしました。

    エロい
    泣ける・切ない
    笑える
    キュンキュン
    ハード・ドロドロ
  • めーぷる
    2024/06/27 03:15

    海より深い愛を貴方へ〜瞳の輝きは新鮮な証〜のレビュー

    ※このレビューはネタバレを含んでいます


    初めて読んだ時から、ゆあさんの発想力に驚き世界観に一気に引きこまれました!
    人間と縞鯵君の究極の愛というべき関係性が尊いけれど「食物」として目の前で仲間たちが調理されていく……残酷なのに目が離せない!
    大将もいつの間にか縞鯵君に心惹かれていく展開にキュンとしました。

    私は食べてもらうことこそ本望で、骨まで食べてほしいと願う縞鯵君の一途な思いが本当に好きです!

    普段から美味しくいただくものに感謝を忘れないようにしようと考えさせられるお話でした(*´ω`*)

    エロい
    泣ける・切ない
    笑える
    キュンキュン
    ハード・ドロドロ
  • 一ノ瀬麻紀
    2024/06/23 13:27

    海より深い愛を貴方へ〜瞳の輝きは新鮮な証〜のレビュー

    ※このレビューはネタバレを含んでいます


    まず第一印象は、着目点が凄いな、でした。
    縞鯵の主人公が人間に恋をする。
    そうなると、展開としてはどうしてもハッピーは無理なのでは?と思いつつ読ませていただきました。

    それでも、ただひたすら真っ直ぐに板前さんに思いを寄せる姿を見ていると、応援したい気持ちでいっぱいになりました。

    魚の姿で美味しくいただかれるというのは、廃棄されてしまうことより、ある意味一番幸せなのかもしれません。

    縞鯵との出来事を胸に、夢を実現していく板前さん。
    新しく出会ったお客さんになぜか惹かれるけど……。
    新たな恋の予感ですね。

    未来の見えるラストで良かったです。ありがとうございました。

    ⚠️補足⚠️

    ⭐1の評価を付けた項目がある事についてですが、低評価なわけではなく、そういう要素がないと感じ、⭐1つとさせていただきました。
    (現在の仕様では、”評価しない”や、⭐0には出来ないようです)

    エロい
    泣ける・切ない
    笑える
    キュンキュン
    ハード・ドロドロ
  • もっと読む

コメント

  • ゆあ
    2024/06/24 08:37
    >>檸檬
    檸檬さん、コメントありがとうございます。
    人外と聞いて色々間違ったお話を書いてしまいました笑
    純愛を目標に書いた結果、やっぱり最後は好きな人の一部に…

    読んで下さり、本当にありがとうございました!
  • 檸檬
    2024/06/23 18:24
    今まで読んだ人外とはひと味違う世界感が広がって、斬新でした。
    好きな人の一部になれたのは、縞鯵くんにとって幸せな最期だったんだろうな。
    素敵なお話、ありがとうー😆

非会員の方はコメント投稿出来ません

会員登録

この小説を通報する