アダルトコンテンツが含まれます。
18歳以上ですか?

会員登録

  • ファン小説投稿可能
    ファン漫画投稿可能
    ファンイラスト投稿可能
    ファンボイス投稿可能
    連載中
  • 概要

    *異常×異常×正常*


    君に全て背負わせることで、いつも救われてきた。

    自分の自信のなさを誤魔化すためには
    君を痛めつけるしか方法がなかった。



    貴方から貰う痛みの数が、僕の生きる価値だった。

    不安や苦しみに縛り付けられる貴方の
    唯一の逃げ場で居られるのが嬉しかった。



    また、君の白い肌に傷が増えた。

    どうしてそんな事するんだ。
    どうして逃げないんだ。

    どうして…離れてくれないんだ。


    君を想えば想うほど
    俺は間違いを繰り返す。


    Don't disturb…訳:邪魔するな。

    *第5回コンテスト作品
    *流血表現、グロあり
    *相変わらず死にかけます
    *見方を変えればハッピーエンド

この小説の著者が執筆した他の作品

この小説を通報する